延年祭その2

投稿日:2013年3月18日

続きのお話です。

翁三番叟の奉納を見て帰る。であればいつもの感じなのですが、

前後はしますがもう一つのメイン福棒のくじ引き。くじに漢数字が書いてあり社殿で発表、一番棒(神棒)から二番、三番〜とくじ番号発表張り出しが行われます。

写真は餅まきと福棒の発表の表です。何本かくじを引いたあと番号を見ながら

「を10違い!」と「わっ2つ違い!」と思って見ていると・・・

引いたんです。当たりくじ!5番棒が当たりました!!

宮司様の奥様に「福がございますように」と手渡された中にありました。

ありがとうございます!

嬉しいやら困ったやらというのも、福棒(当たり)を引くと副を

皆に分けましょうという、慣例があるんです。

以前一番棒を引いた方からの話では皆で飲み食いしてもらい接待するのに

大変だった・・・という有り難い福棒。

本日はお客様がおられたのでお客様に振る舞う事に決定♪

帰宅後神棚に頂いた福棒、福餅、お花、餅まきのお餅、御神酒を備えました。

写真の三方に供えてあるのを見てもかなりのサイズの福餅です。そしてぇ・・・

本日の夕食のお客様にえいやぁ!!と

採算度外視でお食事を食べていただきました。私もご相伴にあずかり、結構酔ってしまいましたが。。。。

近所の親戚筋には福餅と豆おこわを配りました。

この福棒、福を頂くとともに家(家屋)の守り棒として屋根裏の大事な

柱に奉るそうです。

何かいい事あったらな、と言うよりも福棒自体が有り難いものです。

この後も、お客様にも福をおすそわけ出来たらと!いい1年になりそうです。

One thought on “延年祭その2

  1. Exceptional post however I was wondering if you could write a litte more on this topic? I’d be very thankful if you could elaborate a little bit more. Thank you!|